7月パリ料理教室日程&Menu

7月料理教室日程:  Summer cooking class in Paris

フランス・パリでは夏の香りがいっぱい!

7、 8月のお料理教室では、南仏をイメージさせる夏野菜や、フレッシュなハーブ、今が旬のモモ、サクランボ、アプリコット(杏)やメロンを沢山使って、楽しく お料理しま す。フランス野菜の使い方、意外なフルーツの使い方、そして、簡単に出来るフランス家庭料理、バカンス行く田舎の郷土料理が盛り沢山。外務省の晩餐会、コルドンブルー仕込みで、フランス春食材,旬のフランス野 菜の使い方を教えます。少人数&プライベート、アットホームな雰囲気で楽しく学びましょう。

日程:7月

2日(木)満席/ 3日(金)残席1名/  7日(火)残席1名/  8日(水)

15日(水)満席/ 16日(木)/ 17日(金)残席1名

20日(月)/ 21日(火)/ 22日(水)満席/ 23日(木)/ 24日(金)残席1名

28日(火)/ 29日(水)残席1名 /  30日(木) / 31日(金)

*週末、午後、グループレッスン、出張レッスンご希望の方はお早めにご連絡ください。

*食材の入荷によりメニューが変更になる場合はご了承ください。またアレルギーや苦手な食材には対応しております。お気軽にご相談ください。Email: contact@mayu-kitchen.com

——————————————————————–

日程: フランス料理コース 11:00~/マルシェコース 10:30~ 

受講料: フランス料理コース 70eur/マルシェコース 100eur  (マルシェのみ70eur)

定員 1~4名様

前菜メニュー例:夏野菜、夏のフルーツ、カラフルメニューでかわいく仕上げましょ。

  • トマトカップのサラダ、夏野菜のファルシ
  • ビーツのカルパッチョ、モモとミントのサルサ添え
  • ファンネルとオレンジの爽やかサラダ
  • バスク風ガスパチョ(トマトの冷たいスープ)
  • プティポワとミントのスープ、カプチーノ仕立て。
  • ピクニック定番!タブレ(クスクスのサラダ)
  • 山羊のチーズと甘辛ナッツのサラダ
  • ピサラディエール 南仏プロバンス風

DSC09117

メインメニュー例: 旬の魚(鯛、イワシ、カジキマグロ,など)、それに旬の野菜やフルーツで爽やかなソースをお肉にそえましょう。 

  • 朝取りトマト!南仏野菜のファルシ
  • お肉の焼き方、とプティポワ フランセーズのソース。
  • アクアパッサ、プロヴァンス風
  • サーモンの蒸し焼きとオゼイユソース
  • 鴨の焼き方とサクランボのソース
  • イワシの夏のハーブ詰め
  • 鯛の南仏ロースト、カリカリの夏野菜とオリーブ。
  • 定番!鶏のバスク風62-DSCN8133

デザート例:

  • メロン、桃、イチゴのスープとリコッタムース
  • 基本のクランブル、ルーバーブ、夏のフルーツ
  • サクランボや夏フルーツのクラフティ
  • ルーバーブのコンポートとフロマージュブラン
  • モモの黄金、ブランデーソース
  • ピンクのキラキラゼリーと赤のフルーツ

1-DSCN6479

Mayu’s Kitchen in Paris でお待ちしております。Email: contact@mayu-kitchen.com

1-DSCN7476

 

 

2-DSCN2708

 

 

Share Button

L’audacieux à Levallois-Perret 大胆オウデシューパリ郊外グルメ

Restaurant Laudacieux à Levallois-Perret  ルヴァロアの大胆オウデシュー

l’Audacieux, is thé restaurant who serves “funky” food.   Well, thé name of restaurant, “Audacieux” means adventurous, bold, brave… Well, it’s true. The chef serves very creative foods, mixing with asian spices, sauces, to french ingredients. For me ( coming from Asia), it is the food of “hahaha~~”,  funny, and funky.    But,  French loves his creation!  they call it fusion & modern.
パリの端っこ、観光客はあまり行かないけど、16区やヌイイの隣に位置する、感じの良い街:ルヴァロワ=ペレ。そこに「うふふふ〜何じゃこりゃ?」の創作料理が出てくるお店があります。 その名はLaudacieux、「大胆!」っていう意味。 ここのシェフ、フランス人で面白い。シェフの名前は Pierro(ピエロ??)。 彼が大好きなのはアジア食材を何じゃこりゃ?に使うこと。アジア人からの視点ですが、フランス人にはとっても受けている。。。

‘Audacieux, est le restaurant qui sert de la nourriture génial”.  Alors, le nom du restaurant, Audacieux” signifie Aventure, Audacieux, courageux Eh bien, il est vrai. Le chef sert des plats très créatifs, mélange d’épices asiatiques, les sauces, à des ingrédients de France. Pour moi (en provenance d’Asie), il est la nourriture de hahaha ~~”, drôle, et funky. Mais, français aime sa création! ils l’appellent la fusion et moderne.

1-DSCN9218

l’Audacieux is trendy place. they do not have a menu written. Everything is “chef’s creation”. The waiter doesn’t tell you what, until he comes with the food. Here is the main dish: white fish with miso, squid ink, and the chinese panda-sauce (the oyster sauce) . It is artistic, black & white. The taste is hahaha… funny.

ランチもディナーもセットメニュー。今時、流行りで、メニューの内容が書かれたメニューブックはありません。ランチで25ユーロぐらい。こちらがメ インのお魚。白身魚と白味噌らしい。白味噌+パンダマークのオイスターソース+イカスミをいれてソースを作ったんだって。。。 うふふふ〜何じゃこりゃ?のお味で す。決して不味くはないですよ、でも、あのcookDoのホイコウロウ(レトルト)みたいな味がする。。。

L’Audacieux est lieu branchéIl n’y pas  un menu écrit. Tout est «la création de chef”. Le serveur ne vous dit pas ce, jusqu’à ce qu’il vienne avec la nourriture. Voici le plat principal: poisson blanc avec du miso, l’encre de seiche et le pandasauce chinois (la sauce d’huître). Il est artistique, noir et blanc. Le goût est hahaha drôle.

 

1-DSCN9212The amuse bouche is; the avocado mousse, the egg perfect with mousse of red pepper. Thé starter is foie gras, chorizo, cauliflower purée.

コースなので、メインの前には アミューズ:アボカドのエスプーマ風スープ、温泉卵と赤ピーマンムース、 前菜はフォアグラとチョリゾ、カリフラワーのピューレ。

L’amuse-bouche est; la mousse d’avocat, l’oeuf parfait et  la mousse de poivre rouge. Le entrée est le foie gras, le chorizo, la purée de chou-fleur en . 

1-DSCN9211

拡大してありますが、お皿の隅っちょにひょろ〜と乗せるのも今風です。昔は堂々と真ん中に左右対称、白いお皿で出されていたフランス料理。現代アート、モダンアートイズムのお料理版ですね。

1-DSCN9215

Desserts is also  adventurous! . Ice cream with Sansyo( green japanese pepper), and frosen puree of carrot… Well, it’s v. interesting food! I wont come with my dad who loves traditional  Japanese food… but I will recommend to french friends, who want to try something “Asian”, in their “french” way… They will find it “modern, fusion, and bold!.

デザートも大胆。 山椒のアイスに人参のピューレ。。。

Le dessert est aussi audacieuse! . La crème glacée au Sansyo( le poivron vert japonais), et la purée froide de carotte Alors,  c’esr tres intéressante!  Je ne pense pas que les cuisine sont pour  mon père qui aimes le cuisine japonaise traditional mais je vais recommander à des amis français, qui veulent essayer quelque chose de «asiatique», à leur manière français” Ils trouveront «moderne, fusion, et audacieux !.

1-DSCN9219

コルドンの恩師と久しぶりの再会。チューボーです!っていう番組、大好きでよく見ていましたが、コルドンの恩師、星いくつ、渡してあげるのかな〜?  私は1.5です。 日本にこのシェフ連れていってあげたいわ。白味噌、山椒、海苔、色は鮮やかですが、それぞれの香りを無駄にしないお料理を作ってほしいな〜と。

L’audacieux

51 Rue Danton
92300 Levallois-Perret
Tél. : 01 47 59 94 17
Métro : Louis Michel (en bas) ou Anatole France (en haut) sur la ligne 3

https://laudacieux.wordpress.com/

 

Share Button