Milk fed Lamb 柔らか仔羊

Lamb is the seasonal specialty in spring.

フランスの春、旬の食材といえば色々ありますが イースターだけでなく、重宝されるのが仔羊(ラム)のお肉。

L’agneau est la spécialité saisonnière au printemps.

Do you know Milk-fed lamb?

ところで、そんな仔羊(ラム)の中でも特にこの時期美味しいのがベイビーラム。ご存知でしょうか?

Connaissez-vous l’agneau de lait?

Milk fed lamb: the meat from an unweaned lamb, typically 4–8 weeks old and weighing 5.5 to 8 kg; this is almost unavailable in USA or UK while it is popular in France, Greece, and Spain. Milk-fed lambs are especially prized for Easter in Greece, when they are roasted on a spit.

仔羊(ラム)とは – 1歳以下の羊の事。国によって区別の規定は違うけど “ベイビーラム” とは生後4から8週間で乳だけで育てた羊。 ついでにスプリングラムとは生後3か月から5か月で乳だけで育てた羊。

La viande d’agneau de lait est issue d’agneaux jeunes ou agnelets, nourris exclusivement de lait et abattus avant qu’ils ne soient sevrés, en général vers 90 jours (4 à 8 semaines).

The younger the lamb the less meat is available per lamb. But the meat is softer and less odor. Baby lamb is pale pink, normal lamb is pinkish red. It is cruel if i say “delicious” to a milk fed lamb who is just born. Well, I am sorry, it is delicious.

ラムは若ければ若いほど取れる肉の量は少ないが、より柔らかく臭みも少ない。ベイビーラムは淡いピンク、通常のラムはピンク色がかった赤色。生まれて間もない赤ちゃんを「美味しい」というのは残酷ですが、ごめんなさい、美味しいんです。

Plus l’agneau est jeune, moins la viande est disponible par agneau. Mais la viande est plus douce et moins odorante.  Agneau de lait est rose pâle, agneau normal est rouge rosé. C’est cruel si je dis “délicieux” à un agneau qui vient de naître. Alors,  je suis désolé, mais c’est délicieux

—wiki—

羊の肉は年齢によって価値が大きく異なるため、顧客に対して商品を保証するために格付けの仕組みが発達した。ラム、マトン、ホゲットを分ける定義は国によって異なる。なお、ラムが最も高価である。

ニュージーランドにおける定義は以下のとおりである。

ラム : 生後12か月で永久門歯がない雄または雌の羊
ホゲット : 永久門歯が1から2本の雌または去勢された雄の羊
マトン : 永久門歯が2本より多い雌または去勢された雄の羊
オーストラリアではラムの定義は以下のとおりである。[2]

ラム : 永久門歯が0本、生後12か月までの雌または去勢された雄。ニュージーランドでは、永久門歯が生えていても摩耗していなければラムとする。
その他の定義

ラム – 1歳以下の羊
ベイビーラム – 生後6から8週間で乳だけで育てた羊
スプリングラム – 生後3か月から5か月で乳だけで育てた羊
イヤリングラム – 生後12か月から24か月の羊
ラムは若ければ若いほど取れる肉の量は少ないが、より柔らかく臭みも少なくなる。2歳以上のマトンの肉はあまり柔らかくない。一般的に年齢と共に羊の肉の色は黒ずんでいく。ベイビーラムは淡いピンクであるが、通常のラムはピンク色がかった赤色である

 

 

 

Share Button

Easter! Egg mimosa

Deviled eggs – œuf mimosa

ミモザ花の卵

Easter’s symbolic food  is egg, because egg means “ new life “.

イースターと言えば「卵」。 イースターってキリスト教の祝日で、意味は復活祭。 卵は新しい生命、 誕生の象徴だけに復活祭のシンボルになるにはごもっとも。

La nourriture symbolique de Pâques est un œuf, car l’œuf signifie «nouvelle vie».

Today’s appetizer is deviled eggs.  In French, it is called “mimosa fegg” because mimosa is yellow flower, symbolizes French spring.

今日の前菜はデヴィル エッグ。 フランス語だとミモザの花に例えた ウッフミモザ っという卵の前菜。

L’entrée d’aujourd’hui est des oeufs mimosa . En englais , il s’appelle “deviled egg ” .

It is a bit strange to call “ deviled egg”, even though this is very popular food for Easter, the celebration for reborn .

キリスト教の復活祭の祝日なのに デヴィルスエッグ (悪魔の卵」って呼ばれてる。 うーむ なんでだろ。

Il est un peu étrange d’appeler “oeuf deviled”, même si c’est une nourriture très populaire pour Pâques, la fête pour renaître

 

Well, it has reason.  The term “deviled” is derived from spicy or zesty taste. The eggs is prepared with mustard, pepper, and other spicy food, and staffed in the egg.

その理由は 昔、マスタードや西洋ワサビを沢山入れて激辛味だったかららしいのですが、なんだかねぇ〜  悪魔って…

フランス語のミモザの花に例えて「ミモザ卵」って言った方がなんだか春らしくて、可愛いくて私は好みです。

Le terme “deviled” est dérivé du goût piquant ou piquant. Les œufs sont préparés avec de la moutarde, du poivre et d’autres aliments épicés, et servis dans l’oeuf.

 

 

Share Button