Medicine Food: Beet 美食同源&薬膳: ビーツ

Namep Beets (Beetroot、table beet)  Bettrave

ビート、ビーツ カエンサイ(火焔菜)

Let’s touing Wetmarket in HK. There are many unknown  vegetables. Today’s Medicine Food is BEET. 

 What is a Beet?
Actually, It is NOT tunip. Beet is from the amaranth family with many cultivated varieties, but the most well known is the red root vegetable known as the beetroot or garden beet, the famous ingredient of borscht. Beetroot can be red, purple, golden and pink. Beets are often pickled, roasted, added to soups and salads.    i

What are the health benefits of Beets?
In traditional Chinese medicines, beets (Pin Yin: Tian Caiare ) considered cool and sweet and are used to treat anemia, heart weakness, irritability, restlessness, constipation, herpes, and to detoxify the liver.   Guess what, Ancient Romans used beetroot as a treatment for fevers and constipation, and it was thought that the leaves were good for binding wounds.

Today,  we ca find beets as “Medicine Food”.  a great source of folate, potassium, manganese and other powerful nutrient compounds that help protect against heart disease and birth defects.  Their deep red color, called “betacyanin”, is a potent cancer-fighting agent. Because beetroots are very rich in the B vitamin folate, which is critical for normal tissue growth, they are especially important to eat during pregnancy.

香港っという土地柄、地消地産はほとんどできず、世界中の食材が集まって、四季や旬なんてない!っと思っている方、実は、オーガニック農家や街市は旬の食材がいろいろあるんです。 Mayu’s Kitchen & Co. では香港のオーガニック農家や街市での食ツアーをはじめました香港に来たばかりの方、中国野菜を知りたい方、香港のローカルスーパーや街市で買える旬のオーガニックや旬の食材、その調理の仕方、そして野菜の効能や食文化を教えています。(レッスン、ツアーのお問い合わせはこちら

日本ではあまりお目にかからない赤いカブ。ビーツ。和名は火焔菜(かえんさい)甜菜(テンサイ)の仲間。香港の地元オーガニック農家からも届きました。 実は、赤かぶの様に見えますが、カブやダイコンとは関係なく、ホウレン草と同じアカザ科でサトウダイコンの仲間。ビーツは食べる輸血と言われるほど、リン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウムが豊富で、さらにビタミンA、C、ナイアシン、ビオチン、そして食物繊維も豊富に含まれているスーパー野菜。特にビートの根にはビタミンCが多く含まれ、葉は鉄分が豊富。 妊活、妊娠中の女性にはオススメ食材。

ビーツの効果: 疲労回復,免疫力UP: 整腸作用(天然オリゴ糖、食物繊維)、便秘解消、子宮筋腫、更年期に悩む貧血予防, がんの予防(赤い色素成分のるベタシアニン)

東洋医学: 

茎の薬膳性味
性味:甘、涼
効能:清熱涼血、行瘀止血、 閉経

根の薬膳性味
性味:甘、微涼
帰経:腸、胃経
効能:疏風散熱、涼血明目

料理方法;硬い野菜なので、柔らかくしてから食べるのが原則。

  • (下準備)皮付きのまま塩と酢を加えた湯で1~2時間茹でる。切ってから茹でると、どうしても色が水に溶けだし、赤色が抜けてしまいます。
  • (下準備) 皮付きのままアルミホイルで包み、180℃程度のオーブンで1時間焼く。焼き芋のような感じに仕上がり、ほくほくとして甘味が出る。
  • 生から使うのであれば皮をむいて適当な大きさに切り分け、チキンストックやブイヨンで柔らかく煮てからミキサーにかけてなめらかなピューレにする。
  • 手軽に調理したい場合は、水煮にした缶詰や真空パックのビーツを使う。

ビーツのレシピ: (4月のお料理教室の前菜メニューに入っています)

ビーツのカルパッチョ、ビーツのサラダ、ビーツ&ブルーチーズ サンドイッチ

ボルシチ(ロシアのビーツスープ)、ビーツのポタージュ、ビーツの冷静スープ、

食紅の代わりに赤色の色付けに。ビーツのお寿司、ビーツチップス、

ビーツ(生)の100gあたりに含まれるカリウム含有量は460mgで、野菜でも豊富な含有量を誇ります。ほうれん草には劣りますが、かぶやトマト、レタスよりも豊富にカリウムが含まれていることが分かります。カリウムはミネラルに分類される栄養素で、体内の余分なナトリウム(塩分)を体外に排出する働きがあります。そのため、むくみの解消に効果があります。また、血圧の上昇を抑えてくれる作用もあるため、高血圧の予防にも効能があります。

reference from  WhiteRabbitinstitute

Western

Western Name: Beets

Also Known As: Beetroot, Table Beet

Organs/Systems: Immune, Digestive, Nervous Systems

Key Western Actions & Medicinal Uses: Immune Enhancing, Nutritious, Antioxidant. Highly nutritious, improves eyesight, strengthens immunity, balances blood sugars, reduces tumors, improves metabolism, constipation, improves proper cell growth.

 

Eastern

Pin Yin: Tian Cai

Also Known As: Hong Cai Tou (Beetroot)

Meridians: Liver, Heart, Intestines

Key TCM Actions & Medicinal Uses: Nourishes the Blood/Tonifies the Heart/Calms Shen/Lubricates the Intestines/Cleanses the Liver: anemia, irritability, restlessness, habitual constipation, detoxes the liver from drugs or alcohol, herpes.

Share Button